知っておきたいリフォーム講座

トイレのバリアフリー化リフォーム

トイレのバリアフリー化リフォーム トイレは暮らしの中でより快適に使いやすい場所であることは、年齢と共により感じて来るものです。
そのために、バリアフリー化を意識したリフォームを行うようにするのが得策です。
まず、広さを確保しておくようにする必要があります。
将来車椅子になったり、立ち座りの際に頭を打たないようにしたり、補助具を設置したりした時にもスペースがあれば安心です。
また、手すりを導線に従って設置できるような間取りにする必要もあります。
立ち座りを考えた場合に、使用する家族の状況から考えて、トイレ本体の高さもあまりに低すぎるものは避けた方が賢明です。
また、歩く時に滑らないような床にしておけば、先々になって再度、リフォームをしなくても済むようになります。
快適なトイレにするにはは、本体の機能性の向上を考えた機種選びももちろんですが、それに加えてバリアフリー化を意識したリフォームを行うのが、将来を見据えた場合に必ず役立つ時が来るようになります。

介護しやすい形にリフォームすればみんなが楽になる

介護しやすい形にリフォームすればみんなが楽になる 一軒家に住む叔父叔母の介護から始まったのですが先ずは、玄関です。
段差が多く足の不自由な叔父の為に手すりを付け廊下に迄手すりを付け簡単なリフォーム開始 トイレもリフォームしました。
トイレ全体を一回り大きくして開き戸から引戸に変え車椅子でも使用可能な作りに変更です。
畳の部屋をなくし、フラットなフローリングにリフォームです。
ベットも置けて細かく仕切られていた部屋の壁を取外し家の中も車椅子で移動出来るようになりました。
最後は、浴槽です。
冬の寒い時期に寒く無いようにユニットバスを備え付け暖房が入るようにリフォームです。
叔母自身は、叔父の面倒を見ながら使いやすくなった浴槽、トイレにフローリングの掃除が楽だと喜んでます。
全面改装となってしまいましたが介護する側、される側の事を考えれば介護しやすい形にすればみんなが楽になり、楽しく過ごせるのです。
長年住んで来た家を離れる事もなく週に2,3回は様子を伺いに行ってます。

新着情報

◎2018/11/2

業者選びが重要
の情報を更新しました。

◎2018/7/4

税金と優遇制度
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

トイレでよくあるトラブル
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

トラブルにならないために
の情報を更新しました。

◎2017/10/4

リフォームで光熱費を削減
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「リフォーム トイレ」
に関連するツイート
Twitter