知っておきたいリフォーム講座

近隣とリフォームトラブルにならないために

近隣とリフォームトラブルにならないために 住宅とリフォームする際に起きるトラブルとして少なくないのが、近隣とのトラブルがあります。
工事期間中は、外装や内装の塗装で発生する臭いや、古い材木などを取り外す解体作業時に出る大きな騒音、また材木等をのこぎりで切ったりする際に発生する細かい破片などがあります。
自分は仮住まいなどに引っ越ししているので、臭いや騒音、ほこり問題とは無縁ですが、工事の音がうるさいと、産まれたばかりの赤ちゃんがいる家庭などでは、日中に寝かしつけが寝かしつけが出来ず不満が溜まります。
また臭いと小さなホコリは、目で確認が難しいのですが、干している洗濯物などに付着するので、時には洗濯のやりなしなどにも繋がります。
またその他の近隣トラブルとして、工事業者の車の駐車問題があります。
リフォームする個所が多いと様々な業者が出入りをする事になり、各業者が1日に家に集まると余程大きな家でない限りは駐車スペースが足りずに、道路に駐車する事になります。
隣近所との間隔が狭い場合は、工事業者の車がご近所さんの家の前に長時間駐車され、迷惑をかけてしまう事があります。
これらの近隣とのリフォームトラブルにならないようにするには、工事の開始前に自分でご近所さんにその旨を伝え、騒音や臭いホコリ等の迷惑をかけるかもしれない事を予め伝えて、相手の理解を求めることと、工事業者には駐車場所を徹底させましょう。

リフォーム工事前に周知が必要

リフォーム工事前に周知が必要 一戸建てをリフォームする工事の前に、近隣に住む住民に工事内容や期間などについて知らせて周る、周知が必要になります。
周知を怠ると、後に様々なトラブルの原因になりかねませんのでしっかり行うようにします。
ご近所さんとは、リフォームした後も、その家に住み続ける限りはどらかが引っ越さない限り長い付き合いになりますので、リフォームにより、今後の近所付き合いに支障が出てはいけません。
近所からのクレームは極力さけるべきです。
事前にお知らせする内容は、工事でご迷惑をお掛けするお詫びと、工事内容と、ご協力のお願いをします。
また工事内容や、作業を行う時間帯と、どのような業者が出入りするのか、出入りする車は何台なのか、工事内容により音がうるさくなるのかどうか、そしてホコリ等が発生するかなどもきんと知らせます。
また工事の現場で何か起きた時の為に、自分の連絡先は勿論ですが、工事を行う業者の担当者の連絡先なども合わせて教えておくといいでしょう。
丁寧なあいさつでクレームの防止につなげる 口頭の挨拶だけでは、後で聞いていない、覚えていない、聞いた内容と違うと言ったトラブルにもなりかねないので、文章にして必要な情報を正しく記載することにより、近隣住民からの苦情の予防や苦情の早期解決にもつながります。

新着情報

◎2018/11/2

業者選びが重要
の情報を更新しました。

◎2018/7/4

税金と優遇制度
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

トイレでよくあるトラブル
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

トラブルにならないために
の情報を更新しました。

◎2017/10/4

リフォームで光熱費を削減
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「リフォームする」
に関連するツイート
Twitter